羽黒ちゃんは改に?さあ特訓だ!

羽黒ちゃんを改にしました。

羽黒改

え、改二?いえ改にです。

提督「あ、あれ、不知火さん、なぜ私の頬に銃口が..」
不知火「…この前といい、くだらないことばかり言って仕事をしないからですポーク司令。」
提督「…あい、すびばせん。(舞風にはバカうけだったのに…)」

時間が無いのに、駄文ばっかり書いているので、育成が全く進みません。

羽黒改 装備

装備は、20.3cm連装砲、12.7cm連装高角砲、61cm四連装(酸素)魚雷でした。

. . . . .
. . .
.

執務室のドアをノックする音が聞こえる。

「…あ、あの、よろしいでしょうか。」
提督「どうぞ。」

執務室の扉を開いたのは、羽黒だった。
ゆっくりと足を進め、音も立てず静かにドアを閉めた。いつもそうだが、どこか伏し目がちだ。

羽黒「…ご、ごめんなさい。あの、遅くなりまして…」
提督「いや、時間きっかりだよ。うむ、改二への道はまだ遠いが、これからも気を引き締めてがんば…って、あれ、なんでそんな縮こまってるの?」
羽黒「…いや、あの…すみません…」
不知火「司令がいやらしい目で胸ばかり見ているからじゃないですか。」
提督「こ、こら、不知火。そんなことない。見てない、胸なんか見てないから、そんな縮こまらないで…」
羽黒「…ダメ…見ないで…」
提督「羽黒ちゃん、ね、全然見てないから。どちらかというとほら、愛宕みたいなのが好みというかなんというか、大丈夫だから。ねぇ不知火ちゃん…」

胸の話をしていた提督の視線は、無意識に不知火の胸にあった。

不知火「…なんでしょうか。不知火の…胸に落ち度でも?」
提督「え?ないないない、落ち度なんて全く無い。いやいや、実際ね、大きければいいってもんじゃないよ。こうね、つつましさがいいね。すばらしい。本当。これ本当だから…」
不知火「沈め。

羽黒 大破

改二への道はまだ遠い…

スポンサーリンク

コメント(2)

  1. 胸を見てるんじゃなくて、
    羽黒ちゃんの下の方を見てるんじゃないんですかね~?w

    不知火さんに憲兵さんの連絡先教えておきますっ!
    訓練頑張らないと呼ばれますよ?w

パレット にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。